フロン排出抑制法に関わる点検のお知らせ 環境試験器の点検が義務化 
■ 概要 
 フロン類の適正な管理のために
 地球温暖化のひとつの原因とされている、フロンガス 現在お客様の装置で使用されている
「業務用冷蔵機器」についても適正に管理することが 法規制として求められております 
 ●フロン類を使用した 業務用 冷凍冷蔵機器 (第1種特定製品) の管理者(使用者)に点検義務  
 ●エスペック製 環境試験器(冷凍機付)も管理対象となります
☆第1種特定製品とは 
@業務用空調機器 
パッケージエアコン、ビル空調用冷凍機、チラー、スポットエアコン、ガスヒートポンプエアコンなど 
A業務用の冷凍・冷蔵機器 
冷蔵・冷凍ショーケース コンデンシングユニット 自動販売機、業務用冷蔵庫 冷凍機応用製品など
  
フロン類を充填した冷凍回路を持つ”環境試験機器”もAの第一種特定製品に該当します 
☆適正な管理とは
第1種特定製品のユーザー様(装置管理者)は
 定期的な点検を実施し、フロン類の漏洩の兆候がないか確認しなければなりません 
 *点検整備記録の保管 フロン漏洩した際の報告が義務化されました

  機器管理者の皆様に求められる点検 
分類 点検内容 点検頻度 点検実施者
 簡易定期点検
全ての第1種特定製品
(業務用の冷凍空調機器)
・冷蔵機器及び冷凍機器の庫内温度
・製品からの異音、製品外観(配管含む)の損傷、腐食、錆、油のにじみ並びに熱交換器の霜付き等の冷媒として充填されているフロン類の漏洩の兆候有無
・四半期に一回以上  ・実施者の具体的な制限なし 
 定期点検 
一定規模以上の業務用冷凍空調機器
・定期的に直接法や間接法による冷媒漏えい検査<定期検査>を実施。
・都道府県による勧告等の対象となる義務的点検

*(簡易点検に加えて実施が必要)
・7.5KW以上の冷凍冷蔵機器:1年に1回以上
・7.5〜50KWの空調機器:3年に1回以上
・50KW以上の空調機器:1年に1回以上
 
・機器管理にかかる資格等を保有する者 (組織内外は問わない)
 *出典:経済産業省 環境省発行「フロン排出抑制法の概要」より
   お使いの環境試験機器(エスペック製品)での該当機種と推奨点検内容 
  該当機種  推奨点検内容 
 簡易点検対象 恒温恒湿器、冷熱衝撃試験器など
フロン類充填冷凍回路を搭載した環境試験器全般
目視確認による機器の異音、異常振動、外観の損傷、腐食、油にじみ、正常運転の確認、冷凍機ゲージの確認(ゲージ付装置のみ
 定期点検対象 ・急速温度変化チャンバー TCC-150W
・冷熱所劇装置(旧製品)TSA-70H、100S、200S,300L
・その他大型カスタム機器など
 
有資格者による点検作業が必要となります
モトヤマへ ご用命ください

■ 冷凍機の点検をはじめ、エスペック製品の修理・保守についてのお問い合わせは お気軽にモトヤマまで!
専門知識豊富なスタッフが お客様のニーズ 用途に合ったご提案をいたします




〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15番13号
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612