ガラス試験器  ガラス軟化点・歪点自動測定装置  GMシリーズ
■ 装置概要
 本装置は,JIS-R3103-2「ガラスの歪点試験方法」、JIS-R3103-1「ガラスの軟化点試験方法」に準拠し、それぞれを自動化したものです。ガラスの軟化点自動測定装置、ガラス徐冷点・ひずみ点自動測定装置を基本に、電源・温度コントローラーをひとつのユニットとして共用し、PCにより自動運転を行い、各々測定値を決定します。
 
ガラス軟化点 ひずみ点測定
● 特 長
制御機器を1ユニット化し、省スペース。
試料温度と測定温度の差が小さい。
PCによる自動運転、測定後即時粘度計算、グラフ化が可能。
 
 
 
 
 
 
 仕様および装置構成
 軟化点測定
 寸法  W400×D230×H450mm
 温 度  最高 800℃
 精 度  ±1.5℃
 変位測定器  フォトセンサー
 徐冷点・ひずみ点測定
 寸法  φ360×H910mm
 温 度  最高 700℃
 精 度  ±1.5℃
 変位測定器  作動トランス
 制御盤
 寸法  W570×D450×H750mm
 PCシステム  ノートPC、A4プリンタ、測定運転・データ処理ソフト
(*この仕様は改良のため変更することがあります)
■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!
専門知識をもった、スタッフが お客様のニーズ ご使用条件に合った製品をご提案いたします




〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15-13
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612