ガラス試験器 温度勾配炉( ガラス失透炉) GM-N16シリーズ
■ 装置概要
 この電気炉は、炉内を炉長方向に6回路の温度制御を行い、500〜1000℃(700〜1200℃)の温度範囲で一定の温度勾配を持たせることが出来る電気炉です。
炉内の白金試料板には異なった試料が測定できるように、炉長方向に2列に試料を並べ加熱することにより、各温度で保持された試料の温度変化状態を正確に確認する事ができる装置です。
ガラスの結晶化(失透)発生温度域を効率よく測定できます。
ガラス失透炉
  装置仕様
 型   式  GM-N16K  GM-N16P
 電気容量  100V 1.2KW  100V 1.2KW
 炉内寸法  φ24×L380mm  φ24×L380mm
 最高温度  1000℃  1200℃
 温度勾配範囲  500〜1000℃  700〜1200℃
 発熱体  金属ヒーター  金属ヒーター+白金ヒーター
 制御方式  6回路独立制御 温度記録計付
* 標準品は最高温度1000℃ですが、高温用として最高温度1400℃のものも製作いたします。
● 炉内温度勾配データ表
■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!
専門知識をもった、スタッフが お客様のニーズ ご使用条件に合った製品をご提案いたします




〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15-13
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612