ガラス溶解炉 還元・真空ガラス溶解炉
 装置概要
当装置は「高温雰囲気炉」と「ガス置換型グローブボックス装置」を組み合わせて、還元雰囲気または真空でガラスの溶解を行い、大気と隔絶したグローブボックス内(不活性雰囲気)で高温試料の取り出し、キャスティング、試料の作成を行なう装置です。
還元雰囲気 真空 ガラス溶解炉  特長
不活性雰囲気中で最高温度1700℃の試料取り出し(急冷)が可能です。
非酸化物ガラス(ハライドガラス、カルコゲナイトガラス、etc)の試作に適します。
ガラス以外にも、水蒸気分圧が影響する材料開発に応用が可能です。
 構成
高温雰囲気炉
卓上型パージ式グローブボックス
炉底昇降機構
制御盤

ガラス溶解炉雰囲気シール ガラス溶解炉グローブボックス
雰囲気シール部 グローブボックス部
 仕 様
 炉体部
 常用温度  1600℃
 最高温度  1700℃
 炉内寸法  W150×H180×D150mm
 炉口寸法  φ78mm
 発熱体容量  2.5kW 
 発熱体  二ケイ化モリブデン (MoSi2) 6本
 熱電対  JIS-B 2対 (制御用、試料近傍測温用)
 昇温時間  約8時間 (約8時間 アルミナ炉心管装着にて)
 断熱材  アルミナファイバーボード
 試料セット  エアーシリンダーによる炉底昇降式
 雰囲気仕様
 雰囲気種類  窒素+水素(5%)
 真空  10Paオーダー
 炉心管  φ70×φ60×L600mm (高純度アルミナ)
 試料容器  φ28×φ20×H50mm (黒鉛ルツボ)
 ガス導入  手動 流量計:窒素用、窒素+水素5%用 各1本
 真空、ガス置換  手動 ロータリーポンプ 排気速度 50L/min 
 到達圧力 6.7×10-1Pa
 雰囲気シール  上下水冷構造マニーホールド (SUS304)
 グローブボックス
 名称  卓上型パージ式グローブボックス
 形式  SDB-1
 本体寸法  L750×W550×H560mm
 サイドボックス寸法  φ216.3×L215mm
 材質  SUS304
 内面仕上げ  酸洗い
 内部コンセント  AC100V 2個
 照明  20W 蛍光灯
 制御部
 形状  自立型パネル
 外寸法  W700×H1500×D700mm (キャスター含む)
 電源容量  AC220V 1φ 3.3kVA
 温度制御方式  プログラム調節計とサイリスタの組み合わせによるPID連続電流制御方式
 安全機構、警報
 安全機構  安全弁、防爆ベント、圧力センサー等
 警報  過昇温度防止
 サイリスタ異常
 断水
 真空異常

■各種 ガラス試験器 溶解炉についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!
専門知識をもった、スタッフが お客様のニーズ ご使用条件に合った製品をご提案いたします




〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15-13
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612