ガラス試験器 超高温球引上げ式粘度計  GMシリーズ
■ 装置概要
 高温における融液の粘性測定法には、回転式円筒法と球引上げ式がありますが、本装置は後者に属するものです。弊社では既に従来型の球引上げ式粘度計が持つ面倒な天秤操作、測定結果に個人差が出るという欠点を解決した装置を有しておりますが、更にこれを発展させ2400℃の高温雰囲気中で測定可能な装置を開発しました。
球引上げ式ガラス試験器
● 特 長
測定部、ヒーターを真空チャンバーの中に納め、ガス雰囲気中で2400℃までの測定が可能。
測定範囲:0.5〜104 Poise
試料を入れるだけの簡単操作で、粘度測定は全自動で行なわれます。
測定終了後、パソコンで簡単にデータ処理が可能で作業効率が格段にアップします。
仕 様
 粘度測定範囲  0.5〜104 Poise
 測定部  寸法: W260×D200×H340mm 
 測定用天秤: ロードセル最大荷重 100g、 感量: 10mg
 昇降機: ACサーボモーター 50W
 電気炉  形状: 二つ割前面開閉型
 炉体寸法: φ120×H220mm
 炉内寸法: φ80×H150mm
 最高温度: 2400℃
 発熱体: タングステン
 ヒーター容量: 40 kW
 真空チャンバー  寸法: W520×D440×H1750mm 
 測定コントローラ  寸法: W560×D500×H1850mm
 取付機器: タッチパネル、シーケンサ、天秤コントローラ、ロードセル変換器
 荷重表示: 0〜19.999g
 出力: 0〜10V
 変位測定  サーボモーターのパルス位置制御による
 真空・雰囲気
 温度制御部
 
 真空排気装置: ロータリーポンプ、拡散ポンプ、真空計
 ガス供給系: He、Arガス
 温度制御: プログラム調節計、SCR
 電源: AC200V 3φ 55kVA (ヒーター用トランス別置き)
 装置冷却用チラー  水量: 50L/min (25℃) 電力: 1.5kW
 PCシステム  ノートPC、プリンタ、測定運転・データ処理ソフト 
(*この仕様は改良のため予告なく変更することがあります)

■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!
専門知識をもった、スタッフが お客様のニーズ ご使用条件に合った製品をご提案いたします





〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15-13
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612