シリコニット発熱体 株式会社シリコニット 製品  
● 製品概要
シリコニット発熱体は炭化ケイ素発熱体で、主な用途としては電気炉内にヒーターとして組み込まれることが多く、800℃〜1600℃までの幅広い温度域に対応しております。
利用されている分野は、一般産業、自動車、電気・半導体、医療、ガラス(光学)、鉄鋼、非鉄、リサイクル、研究など数多くの産業でご利用いただいております。
また、さまざまな特殊条件下でもご使用いただけるコーティング付き発熱体も準備いたしております。
 
● 発熱体の種類
炭化ケイ素発熱体 棒型シリコニット(炭化ケイ素発熱体)
弊社独自の製法によって製作された、もっともスタンダードなタイプの発熱体です。
各種サイズを取り揃えており、また標準サイズ以外の寸法につきましても個別対応が可能です。
炭化ケイ素発熱体 ら管型シリコニット(炭化ケイ素発熱体)
スパイラル状に溝が切ってあり、主に棒型シリコニットよりも高温での使用が可能です。
また大型の径の物は中に被加熱物を入れることができ、管状炉として使用されます。
端子はバンドを使用します。
複ら管式 発熱体 ■ 複ら管型シリコニット(炭化ケイ素発熱体)
ら管型シリコニットの溝の切込みを工夫した発熱体です。電極部が片方に集約できますので自由な炉設計ができます。
大型の径のものは中に被加熱物を入れることができ、管状炉として使用されます。
端子はバンドを使用します。
スパイラルR型炭化ケイ素発熱体
写真はスパイラルR型です
■ スパイラル型シリコニット(SS型)炭化ケイ素発熱体)
棒状発熱体にスパイラル状の溝を切った発熱体で、棒型より高温で使用可能です。ただし、棒型発熱体より折れやすいので注意が必要です。

■ スパイラルR型シリコニット(SSR型)炭化ケイ素発熱体)
棒状発熱体にスパイラル状の溝を切り、一方に量端子を持った発熱体で、棒型より高温域で使用可能です。一方の壁面に電極を集中することができるので保守点検が容易です。高温の温度域では棒型発熱体の寿命が著しく短縮されますので、このタイプの発熱体のご使用をお勧めします。ただし、棒型発熱体に比べ折れやすいので注意が必要です。
ヘヤピン型炭化ケイ素発熱体  ■ ヘアピン型シリコニット(HPL型)
一方に両端子を持った発熱体で、電極を片方だけに集中することが可能なので発熱体の交換が容易です。また、炉の構造に制約を受ける時に使用でき、棒型発熱体と同様の温度域で使用可能です。なお、接合部は発熱体と同様には発熱しませんが、同じ温度に耐える接合になっておりますので、炉内に露出して使用できます。
上記シリコニット発熱体は各種サイズを取り揃えております。
また、標準サイズ以外の特殊サイズ・抵抗値に関しましても対応が可能です。
特殊型炭化ケイ素発熱体  ■ 特殊型シリコニット
@ 赤外線光源用シリコニット(IRH型)
A リング型シリコニット(SR型)
B DSPT型、SPT型シリコニット
C 三相型シリコニット(WHP型)
特殊型シリコニットとして左記のような様々な発熱体も製造しています。
お客様のニーズに合わせた特殊形状品も試作いたしますので、お気軽にお問合せください。
● 電気炉用耐火物
ボアランダム耐火物 ■ ポアランダム耐火断熱材と耐火物
ポアランダムは、耐火度が極めて高く、熱容量が小さく保温が良いため、少ない電力で昇温できる多孔質軽量のアルミナ質耐火断熱材です。 
 シリコランダム耐火物 ■ シリコランダム耐火物
シリコランダムは、炭化ケイ素を原料とし焼結したものです。シリコランダムの特長は、普通耐火物に比し、熱伝導率が極めて大きいこと、特に耐酸化性と耐急熱急冷性が抜群に優れていることなどです。各種焼成炉の棚板、匣鉢、特殊炉の内張りなどに最適です。
炭化ケイ素耐熱材 ■ シリコライト再結晶炭化ケイ素耐火物
シリコライトは高純度炭化ケイ素を原料としたもので、結合剤を使用せずに超高温で焼結させているため、不純物を含まず超高温で使用しても炉内等を汚染しません。
ただし、1400℃以上で水素・窒素雰囲気で使用される場合は、SiH2やSiNxが生じて劣化を招きますので、ご相談ください。

■ シリコニット製品をはじめ、各種炭化ケイ素発熱体、耐火物についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!
専門知識をもった、スタッフが お客様のニーズ 機器仕様に合った製品、部材をご提案いたします




〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15-13
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612