直挿入式ジルコニア酸素センサー
 ☆ 一般焼成用 酸素センサー
 酸素センサ-
 
□ 特 徴
 ☆一般的用途の熱処理プロセス用に開発しました☆
 〇 外部からの標準極導入空気が不要です  <特許出願中>
 〇 真空用電気炉タイプにも使用可能です
 〇 センサー部長さは、各種選択可能 (Max950o) 
 〇 高信頼性と品質の安定性に優れています
 〇 製品には実証測定データーを添付 (製品精度検査の全数試験を実施しています)
□ 使 用 用 途
 〇 セラミック焼成炉、真空炉等の高温雰囲気熱処理中での炉内酸素分圧が測定できます。
 〇 金属の光輝熱処理における酸化・還元ガス量の管理、調整の最適化が図れます。 
 〇 大量にエネルギー消費する生産ライン向けの工業窯炉・ボイラー・焼成炉に採用する事で 
    燃焼制御の改善、省エネルギー化に貢献いたします。 
 
□ 使 用 分 野
  〇 エレクトロニクス           〇 鉄鋼関連            〇 非鉄金属・セラミック焼成
  〇 金属材料・製品の熱処理    〇 化学工業           〇 窯業・ガラス
  〇 環境・エネルギー関連      〇 工業用ガスプラント     〇 ボイラー
 
□ 仕 様
 測 定 セ ル  安定化ジルコニアセル固体電解質
 熱  電  対  JIS(R)
 測定温度範囲  750 〜 1400℃
 測定濃度範囲  1 〜 10-20  atmPO2
 出 力 信 号  直流電圧:0〜1500mV、温度:0〜1760℃
 測 定 精 度  ±5mV 以内
 ユーティリティー  DC24V 50mA (標準極空気導入用)
 
酸素センサ型式 
          【構造】
 
酸素センサ寸法図
 
 
           〇 アルミスリーブは、6色からお選び頂けます
酸素センサラインアップ
          〇 特殊形状、固定方法など何でも、お気軽にお問合せ下さい
 
□ 使 用 事 例
   各種ガス雰囲気中での試料の焼成や熱処理時の酸素濃度測定
 〇 バッチ炉  〇 連続炉
直挿式酸素センサー設置例  直挿式酸素センサー設置例

    
    直挿入式ジルコニア酸素センサー 

☆ 浸炭炉用 酸素センサー
  カーボンポテンシャルタイプ
    
  < 浸炭熱処理プロセス用に新規開発 > 
 
    < 同一保護管内に 二つの素子を装着したダブル素子も新登場 >
   
   
   
□ 特 徴
 
 〇 浸炭炉での高温雰囲気熱処理中での炉内酸素分圧が測定、カーボンポテンシャル(CP)の算出
 〇 標準にてバーンアウトエアー導入孔を装備しています 
 〇 金属の光輝熱処理における酸化・還元ガス量の管理、調整の最適化が図れます 
 〇 高信頼性と品質の安定性に優れています 
 〇 製品には実証測定データーを添付 (製品精度検査の全数試験を実施) 
 ○ 保護管に耐食性が高いインコネルを採用しています
 〇 センサー部首下長さは標準で 600、800、900mmを御用意 標準外の長さも対応可能です
 ◎ 従来お使いの酸素センサーと互換性があります 
 
 ダブル酸素センサー
  〇 自動車関連など 熱処理プロセスの精度が強く求められる用途に ダブル素子タイプを開発
    酸素濃度の制御とモニタリングを同一位置で これにより更に信頼性が向上します
    ・・センサーの異常を素早くキャッチ 熱処理プロセスのトラブルが減少します
 
 酸素測定、温度検出とも同位置により 測定誤差が減少
 特殊機構により 真空炉にも装着が可能
□ 基 本 仕 様
 測 定 セ ル  安定化ジルコニアセル固体電解質
 熱  電  対  JIS(R)または無し
 測定温度範囲  750 〜 1100℃
 測定濃度範囲  1 〜 10-25 atmPO2
 出 力 信 号  直流電圧:0〜1200mV、 熱電対起電力
 測 定 精 度  ±5mV 以内
 ユーティリティー  50〜1000cc/min (基準空気用)
浸炭用 単素子
浸炭式酸素センサ型式 
 
浸炭式酸素センサ寸法図
 
 浸炭用 ダブル素子タイプ
 
 
 
           〇 接続コネクター(変換コネクタタイプ)は、4種からお選び頂けます
          〇 特殊形状、固定方法などその他、お気軽にお問合せ下さい
 
□ 使 用 事 例
   各種ガス雰囲気中での試料の焼成や熱処理時の酸素濃度測定、管理に
 〇 バッチ炉  〇 連続炉
 

酸素センサーのお問合せフォームへ

酸素センサーはモトヤマ 〒530-0043 大阪市北区天満1丁目15-13
Tel 06-6351-0461 Fax 06-6351-6612
電気炉のモトヤマトップページへ